京都老人福祉協会は京都の伏見で福祉事業を展開しております

京都老人福祉協会とは?

沿革

昭和32年6月京都市社会福祉協議会が中心となり京都市の指導援助を得て社会福祉法人京都老人福祉協会を設立し生活保護法による養老施設京都老人ホームを建設同年7月1日に許可を受け下記の変遷を経て今日に至っています。「伏見深草」地域と共に、これからも福祉サービスの拡充をめざしてまいります。

昭和32年 7月
施設許可 定員36名
昭和38年 8月
老人福祉法により養護老人ホームとなる 定員130名
昭和54年 7月
特別養護老人ホーム 定員80名を併設
昭和54年 8月
養護 定員100名に変更
昭和55年11月
短期入所事業開始 定員8名
昭和61年 8月
移動入浴サービス開始
平成4年 4月
デイサービスセンター・在宅介護支援センター開所
平成6年 8月
特養90床増床 定員170名・短期入所 定員12名
平成8年10月
配食サービス開始 ホームヘルプサービス開始
平成9年12月
京都市高齢者在宅福祉総合施設春日丘センター(短期定員30名・デイサービスセンター・居宅介護支援センター)運営委託
平成11年 5月
京都市高齢者在宅福祉総合施設東高瀬川センター(短期定員30名・デイサービスセンター・居宅介護支援センター)運営委託
平成11年12月
24時間ホームヘルプサービス事業開始
平成12年 1月
2級ヘルパー養成事業開始
平成12年 2月
介護情報センターおおてすじ開所
平成12年 4月
訪問看護事業開始
平成13年 5月
深草センターほっこり開所(通所介護・居宅介護支援)
平成14年 6月
醍醐の家ほっこり開所(グループホーム・通所介護・居宅介護支援)
平成15年 4月
障害者支援費制度訪問介護事業開始
平成16年 5月
精神障害者ホームヘルパー育成事業開始
平成18年 4月
まちかど相談スポット開設(京都市深草北部地域包括支援センター、京都市介護予防推進センター、京都市南部障害者地域生活支援センター「ふかくさ」)
京都市東高瀬川地域包括支援センター開設(東高瀬川センター)
平成18年 6月
板橋の町家ほっこり開設(小規模多機能型居宅介護・和喫茶さくら)
平成19年 4月
小規模多機能居宅介護、認知症対応型通所介護事業開始(醍醐の家ほっこり)
おぐりすセンター開設(ケアプランセンターおぐりす、おぐりすセンターほっこり)
訪問介護事業所開設(深草センターほっこり、伏見センターほっこり、おぐりすセンターほっこり)
平成19年 5月
稲荷の家ほっこり開設(小規模多機能型居宅介護)
平成19年10月
京都市子育て支援活動いきいきセンター事業開始(稲荷の家)
平成19年12月
夜間訪問介護事業開始(あんしんサポート伏見)
平成20年3月
認知症対応型通所介護事業開始(板橋の町家)
平成21年4月
京都市深草・中部地域包括支援センター開設
平成21年5月
小栗栖の家ほっこり開設(小規模多機能型居宅介護・地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護・サービス付き高齢者向け住宅)
平成21年10月
うづら保育園 事業運営継承
平成24年3月
墨染つどいの広場ほっこり
平成25年1月
定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業開始(あんしんサポート伏見)
平成25年4月
京都市児童療育センター「なないろ」(運営委託)
平成26年4月
藤森センターほっこり開設(通所介護(京都老人ホームデイサービスセンター移転)、放課後等デイサービス、保育園分園)
平成26年5月
ワークパートナーYUI(就労継続支援A型)
平成29年7月
法人創立60周年を迎える
平成30年2月
鷹匠の家ほっこり 開設
平成30年4月
さくらハウス七瀬川 開設
平成30年7月
さくらハウス醍醐 開設
令和元年6月
墨染まちとくらしセンター 開設
看護小規模多機能型居宅介護(墨染の家ほっこり) 開始
企業主導型保育事業(墨染まちとこども保育園) 開始