社会福祉法人 京都老人福祉協会 RECRUITING SITE 2016 自分が変わる。社会を変える。

箕輪 七緒

管理栄養士として利用者様に快適に過ごしていただける環境づくりを目指しています
「きっちんさくら」の栄養士業務です。具体的には配食サービスのお弁当の献立作成、発注、カラー献立作成、食材費の管理等。イベントの立案も行い、イベント時にはお弁当用のラッピングデザインも作成します。配食利用者様で療養食を食べておられる方に連絡をとり、不安や不満に感じる事などをうかがい、情報提供やちょっとしたアドバイスを行うアフターケアも行っています。特養の方のカンファレンスにも参加させて頂き、利用者様がよりよく過ごして頂けるよう取り組んでいます。 糖尿病の方に、アフターケアでお話をうかがいに何度か通う中で、「体重は気になるがパンが好き」という情報を得ました。そこでパンの種類別のカロリーについての資料を作成しました。パンの耳は、ふわふわの生地の2倍のカロリーがあるという話をすると、次にお話をうかがった時に「食パンは耳なしを食べているんだよ」と言われました。私の話を聞いて実践にうつして下さったという事がありました。
利用者様を身近に感じたかったことが大きいですね
直営であるという点です。利用者様を身近に感じられる職場が良いという理想がありました。施設見学をさせて頂き、職員の方のお話を聞き、スタッフの方の利用者様との関り方を実際に見て、ここで私も利用者様の為に一緒に働きたいと思ったことが決め手です。

1日のスケジュール

8:30~

献立作成

配食献立の作成を行い、パソコンに入力します。(療養食の展開なども合わせて行います。)

11:30~

発注業務

発注忘れ等がないか注意しながら発注します。(食材の重量にも注意します)

13:30~

カラー献立作成

利用者様に配る献立を作ります。料理名だけでなく、しょうがをよく使用している週は、しょうがの効能についての記事を載せる等の情報提供も行います。

15:30~

倉庫などの整理

食材のチェックや、厨房スタッフが物を取りやすいように整えています。

16:00~

イベント等の調整 

地域からの依頼やイベントを行う事が多々あるので、内容を考案したり、発注、ランチョンマット、あて紙、箸袋作成(雰囲気作り)も行います。

箕輪 七緒

箕輪 七緒ミノワ ナオ

京都老人ホーム 栄養士
2010年入職

プライベートでも料理や栄養のことは気になってしまいます

プライベートでも料理や栄養のことは気になってしまいます
専門学校時代の友人と今でも連絡を取り合い、嬉しかったことや、イベントの事・悩み事など色んな話をします。おいしい物を食べながら「この料理献立に入れてみたいなあ。」と言う話もしています。

この先輩を見た方は、
以下の先輩もよく見ています。

永濱 みゆき
京都老人ホーム
栄養士
箕輪 七緒
京都老人ホーム
栄養士