社会福祉法人 京都老人福祉協会 RECRUITING SITE 2016 自分が変わる。社会を変える。

木田 雄輝

利用者さんの最期がよりよいものになれるようにサポートしたい
基本となるのは三大介護(食事・排泄・入浴)です。勤務よっては朝の離床や、夜の臥床を行い、夜勤もします。 職員が入れ替わりながら、1日を通して利用者さんの生活援助を行います。なので日々、職員同士で利用者さんの情報を共有し、気付きをしっかり持ちます。フロアでの会議はもちろん、看護師や栄養士、PT、相談員等の専門職と連携しながら利用者さんにとって良い援助が出来るように奮闘しています。 他には、担当利用者さんのアセスメント、ご家族への連絡、衣類等の必要物品の管理をしたりもします。 業務も大切ですが、利用者さんと会話したり歌を歌ったり、外出したりと日常の中で楽しみを感じて頂くようなことも大切です。 利用者さんと日々生活していく中で、笑うことや衝撃的なことが沢山生まれてきますが、一番凄いと思えることは『死』に携われることです。特養で生活されている利用者さんは、高齢で重度の介護を要する方がほとんどです。いつ、何が起こってもおかしくないという方も居られます。家での生活が難しくなり入ってこられた方、身寄りがおられない方、そういう方々には私たちが家族のようなものになります。これまで高度成長期や戦争の時代を支えてこられた皆さんの最期がより良いものになるような援助をしていきます。
「優しさ」と「温かさ」のある京都老人福祉協会に惚れました
一番の決め手は、採用担当さんの人柄です。直感です(笑) 私は福祉業界に絞って就活をしていました。様々な法人、一般企業を見てき、いくつかの採用を頂き、最後どこにしようか迷っていました。そんなときに本当に親身になって相談に乗って下さるところばかりだったのですが、京都老人ホームの採用担当さんは、他のところにはないものを感じました。うまく言えないのですが、優しさと温かみに惚れてしまったんだと思います。 歴史があり、大きい法人なので、キャリアの長いベテランさんや色々な職種の方とも関われるので、自身の勉強にもなると思い、そういった面も入職の決め手になりました。

1日のスケジュール

8:30~

出勤

利用者さんに挨拶をしながら、夜勤者と引き継ぎします。その後、まだ起きてない方の離床、朝食介助、片付けをし、シーツ交換やポータブルトイレの掃除等のこともします。

9:30~

水分補給と午前のトイレ誘導

朝食が終わって落ち着き次第、水分補給をします。僕のフロアでは、バナナジュースを提供しています。皆さんに飲んでいただいたら、トイレ誘導をします。終わり次第、居室で休まれている方のオムツ交換をします。お風呂日は入浴介助に入ることもあります。

12:00~

昼食

昼食を食べて頂きます。厨房から台車を運び、それぞれの利用者さんに合わせた形態の食事を配膳していきます。介助が必要な方には介助をします。食事が終わった方から服薬と口腔ケアをします。

13:00~14:00 

休憩

自分のお昼休憩です。ご飯を食べます。

14:00~

水分補給とトイレ誘導

午前中と同じ流れになります。おやつの日が週2回あるので、準備を手伝います。風呂日は入浴介助に入ることもあります。午後は月に何度がフロアで会議をすることがあります。

~17:00

退勤までにすること

時間が空いたら生活記録を打ちます。生活記録は利用者さんのその日の様子や、ケアプランに対しての取り組みの評価をします。他にも食事記録や排泄記録があります。16:30に夜勤者が出勤されるので、夕方ミーティングを行い、その日の出来事、連絡事項を引き継ぎします。引き継ぎ後、事故報告が上がっていれば検討をします。

木田 雄輝

木田 雄輝キダ ユウキ

京都老人ホーム 介護職
2014年入職

リフレッシュ休暇を活用し、旅行にいくのが楽しみです

リフレッシュ休暇を活用し、旅行にいくのが楽しみです
学生の時みたいに遊べなくなりましたが、恋人や友達と遊んでご飯食べたり、買い物行ったり、家でDVD見たり、ゆっくり寝てたりと、まったり過ごしています。最近は、温泉に癒されに行きます(笑)ただ周りも社会人なのでスケジュールが合わなかったりもするのでそういう時は、実家に帰って実家でまったりしています(笑) 車を運転することが好きなので、月に1回程度ブラブラと遠くまでドライブしたりもします。 希望休で連休を取ったり、好きな日を休みにしてもらえたりしますし、リフレッシュ休暇で、旅行に行くのを楽しみに仕事を頑張ってます。

この先輩を見た方は、
以下の先輩もよく見ています。