社会福祉法人 京都老人福祉協会 RECRUITING SITE 2016 自分が変わる。社会を変える。

今井 由美子

一日一日の時間が、大切な意味を持つ仕事だと実感しました
病気などで介護が必要になられた方々やご家族と相談し、ご自宅で生活していくための方法を考え、計画を立てていきます。介護保険のサービス(デイサービスやショートスティ)以外の方法も、一緒に検討していきます。 ショートスティのスタッフをしていた時に、一ケ月に一度定期的に来所されていた方の利用がしばらく途絶えていたところ、ご家族よりお手紙が届きました。遺品を整理していたら、私の連絡先が眼鏡ケースに入れられていたとのこと。「子どもの家に行くのも嫌がっていたのに、また皆さんに会えると喜んでいた姿を思い出します」と書かれていました。私にとって何気なく過ごしていた日々をその方がそんなに楽しみにして下さっていたことに、会えなくなって知ることになりました。私のお仕事が一日一日大事なものと気付かされた出来事です。
法人の事業の幅に魅力を感じ入職を決めました
子どもが幼い間 非常勤でお仕事をしていましたが、十年ぶりに正職員になりたくて入職しました。高齢者のお仕事ばかりでなく、同法人に児童福祉施設を運営していることから、家庭と仕事の両立ができ、働きやすいので入職を決めました

1日のスケジュール

8:30~9:00

朝礼

デイサービス、ヘルパーステーション、ケアマネージャー合同で、朝礼を行い、1日の予定を確認します。

10:00~11:00

家庭訪問

月に1度は、定期訪問をさせていただき、お身体の調子を伺い、困りごとなどの相談を行います。

11:00~12:00

サービス担当者会議

ご利用者様 家族 主治医 各サービス事業所のスタッフ 等と、在宅で生活されるための相談を行います。

14:00~15:00

ケアマネ学習会に参加

包括支援センターによるケアマネージャー向けの勉強会や情報交換会で、最新の情報を収集します。

16:00~17:00

報告記録

事務所に戻って、その日にあったことを報告し、記録を行います

今井 由美子

今井 由美子イマイ ユミコ

まちかど相談スポット中部 介護支援専門員
2014年入職

今年に入って中学生の娘とお料理教室に通うようになりました

今年に入って中学生の娘とお料理教室に通うようになりました
また、その他、溜まった家事を片付けて、お友達とランチに行ったり、月に1度は献血に行ったりしています。

この先輩を見た方は、
以下の先輩もよく見ています。

西野 累
京都老人ホーム
介護支援専門員
今井 由美子
まちかど相談スポット中部
介護支援専門員
奥田 貴俊
春日丘センター
介護支援専門員
辻本 恵
東高瀬川センター
介護支援専門員