社会福祉法人 京都老人福祉協会 RECRUITING SITE 2016 自分が変わる。社会を変える。

髙井 麻莉菜

人生の先輩から色々なアドバイスを受け、自分の成長につながっています
ショートステイは、基本的に毎日利用者さまが入れ替わるため、一人ひとりの利用者さまとの関わりを大切にしています。 日中は、まず来られた利用者さま 、帰宅される利用者さまのお荷物のチェックをします。 食事介助や、排泄介助、入浴介助などはもちろんのことですが、日中は共有のスペースにおられる利用者さまも多いので、レクリエーションも行います。他にも記録の記入や、次の日のお部屋の準備なども行います。 夜間帯は、職員2名で対応します。就寝介助、起床介助、夜間は定時で見まわりを行い、ナースコールの対応もします。 ショートステイは毎日利用者さまの入れ替わりがあり、たくさんの利用者さまがおられるので、関わり方に悩むことも少なくはありません。 私は年齢的に、利用者さまのお孫さんと年齢が近いこともあり、私が働き始めたとき、長年利用されていた方が慣れない私をとても気 にかけてくださいました。 人生の先輩としてアドバイスをしてくださったり、時には厳しいお言葉を頂いたこともありましたが、その方が亡くなられたというお話を聞いたときはとても悲しかったです。 その利用者さまがおられたおかげで、人と関わるお仕事の奥深さを感じ、一番に利用者さまのことを考え、気持ちに寄り添っていきたいと改めて思うようになりました。
施設の雰囲気や職員の雰囲気、すべてが印象に残っています
以前から人と関わることのできる、福祉のお仕事に興味があり、学校へ行き資格を取る為、勉強もしていました。 就職活動をしているときは、介護以外の福祉関係の職業も視野にいれていました。 ですが、就職説明会で親身になってお話を聞いてくださったり、施設見学も勧めていただきました。 実際の施設の雰囲気を見て、利用者さんに関わる職員さんの姿がとても印象に残りました。 そして、自分のやりたいことが具体的に想像できるようになり、ここで働きたいと思いました。

1日のスケジュール

8:30~10:00

入所者・ 退所者のお荷物のチェック

来られた利用者さま、帰宅される利用者さまのお荷物の確認をします。

10:00~

10時の水分補給

水分を取ってもらうため、毎日いろんな飲み物を提供しています。

11:30~13:00

昼食の準備と食事

食事前に排泄介助に入ったり、利用者さまへの声かけを行います。そして、食事介助に入ります。

13:30~17:00

入浴

春日丘センターショートステイの入浴は、基本的に午後からです。毎日10名程度の利用者さまの介助を行います。

18:00~

夕食、就寝介助

夕食が終わったあとは、口腔ケアや就寝介助を行います。夜間帯は定時に見廻りに行ったり、ナースコール 対応をします。朝食は8時からなので、それまでに起床介助も行います。

髙井 麻莉菜

髙井 麻莉菜タカイ マリナ

春日丘センター 介護職
2013年入職

好きなことを思いっきりすると、次の日の活力につながります

好きなことを思いっきりすると、次の日の活力につながります
京都老人福祉協会は、リフレッシュ休暇があるので、長期のお休みもとることができます。 その時は、いろんなところへ旅行に行ったりもしています。 普段のお休みはお友達と遊びに行くこともありますが、基本的に自宅でゆっくり過ごすことが多いです。 動物が好きなので、大好きなトイプードルと一緒に遊んでいる時が一番幸せに感じる瞬間です。 好きなことをしている時は、次の日のお仕事も頑張ろうと思える大切な時間になります。

この先輩を見た方は、
以下の先輩もよく見ています。