社会福祉法人 京都老人福祉協会 RECRUITING SITE 2016 自分が変わる。社会を変える。

竹川 友佳

毎日小さなうれしいことの連続です
車での送迎、入浴・食事・排泄介助、レクリエーションの進行が利用者さんと関わる主な業務内容です。デイサービスは日帰りですので、日勤のみの8:30~17:00までの勤務になります。東高瀬川デイは、登録利用者数は100名近く、一日にご利用される人数は25~30名程です。介護度は要支援1から要介護5までと様々で、在宅生活をされている方ばかりですので平均の介護度はそこまで重くないのですが、みなさん同じフロアで過ごされます。来られる利用者さんが異なればデイの雰囲気も全く違いますが、どの曜日もいつも笑い声が絶えず、本当にたくさんの笑顔がみることができます。職員も面白くて個性的な職員が揃っていて東高瀬川デイはとても賑やかです。私も毎日本当に楽しく仕事をしています。 とても小さなことですが、ご利用者のみなさんが、私のことを「ゆかちゃん」と名前で呼んでくださることはとても嬉しいです。様々な事を覚えることが難しくなってきている高齢者の方々。「職員さん」ではなく「ゆかちゃん」と呼んでくださり、実の孫のように接してくださることは、本当にありがたいと思いますし、その方々の為なら…と私の働く活力にもなっています。ご利用者の皆さんの多くが感謝の気持ちを言葉で伝えてくださいます。物を拾ってあげただけでありがとう、靴下を履いていただく介助をしただけでありがとう、少しお話を聞いただけでもありがとう…こんなに「ありがとう」という言葉を言って頂ける仕事とは正直思っていませんでした。毎日小さなことではあるかもしれないですけど、ほっこりするエピソードがたくさんあります。
福祉の学部ではなかったのですが「それを活かしていけばいい」という言葉が後押しに
大学では経営学部で、介護に対しての知識はほとんどないままの就職活動でした。最初は一般企業の営業志望でしたが「やっぱり介護職に就きたい」と思い、様々な法人や施設を見学していくなかで、京老で働いている職員さんをみて、ここでなら私らしく働くことが出来そうだと直感で思いました。面接などを通してもありのままの自分を見てくれていると思うことがたくさんあり、自然と自分を素直に出せていたと思います。また、福祉系の学部卒業ではなく、他学部卒業であったことを最初はとても心配していたのですが、「それを活かしていけばいい」という言葉を頂いて、その一言でホっと肩の荷が下りてここにしようと決めたのを覚えています。また福利厚生の面もきちんと保障されていて、安心して働ける環境がとても魅力的だった点もこの京老に入職を決めた理由の大きな一つです。

1日のスケジュール

8:30~9:30

お迎え

車を運転してご利用者さんのお宅にお迎えに行きます。

9:30~11:30

入浴

高瀬自慢の大きなお風呂はご利用者さんにも大変喜ばれています。

12:00~13:00

食事

デイフロアの隣にあるきっちんさくらさんが出来立てご飯を提供してくださります。とてもおいしいと好評で、私もよく職員食で頂いています。

13:30~14:45

レクリエーション

カラオケや手作りおやつ、頭を使ったクイズなど週替りのレクを行います。ご利用者さんに楽しんで頂けるよう職員も身体を張っています。

15:15~16:30

お送り

ありがとう~またね~と皆さん笑顔で帰っていかれます。車でお宅まで安全にお送りします。

竹川 友佳

竹川 友佳タケガワ ユカ

東高瀬川センター 介護職
2013年入職

リフレッシュ休暇を利用して海外によく出かけています

リフレッシュ休暇を利用して海外によく出かけています
東高瀬川デイは日曜が固定でお休みです。なので他業種の友達とも予定が合わせやすく、休日もきちんと週2回あるのでリズムの取れた生活を送れています。お休みの日は必ず外出しています。友達と食事や買物に行く事がほとんどですが少しでも連休があれば、旅行に行っています。今年のリフレッシュ休暇は前半はタイのバンコクに、後半は韓国に行きました。

この先輩を見た方は、
以下の先輩もよく見ています。