社会福祉法人 京都老人福祉協会 RECRUITING SITE 2016 自分が変わる。社会を変える。

川崎 龍馬

新人の頃に出会った方が、自分の中で福祉に対する想いを強めてくれました
小規模多機能は、デイサービスとしてのご利用だけでなく、ご自宅への訪問(食事の配膳、服薬確認など)、急なお泊まりの受け入れも行っています。いろんなサービスのいろんなスタッフがかわるがわる関わるのではなく、どのサービスも馴染みの職員が行うことで、ご利用者とより密な信頼関係を築けるのが、小規模多機能の強みです。24時間職員が交代で仕事をするため生活は不規則になりがちですが、ご利用者が職員の体を気遣ってくださったり、気の合う職員同士が休みをあわせて出かけたりと、楽しく仕事ができる現場です。 入職1年目の新人の頃ですが、夜に車で出かけている際に、偶然徘徊中のご利用者と出会い、ご自宅に送り届けたことがありました。その方は重度の認知症を患っておられ、ご家族が目を離した隙に外へ出られていたそうです。認知症患者の徘徊は、時に命を落とす事故を招くことがあります。休みの日だったので仕事エピソードではありませんが、このような出来事に遭遇したことで、自分の中で福祉に対する想いや決意が固まったのを覚えています。
ご利用者様のいきいきとした表情がすごく魅力的でした
初めて京都老人福祉協会を知ったきっかけは、ニチイ学館でヘルパー2級の資格を得るために京都老人ホームに実習生として訪れた時でした。当初私は特養の仕事に関心を持っていましたが、デイサービスに実習生としてお世話になった際に、在宅ケアへの魅力に強く惹かれました。どのご利用者もいきいきとされており、カラオケや将棋、手芸など思い思いの過ごし方で一日を楽しまれ、中には「ここに来ることが生きがい」と仰る方もおられました。こんな所で働いてみたいという想いがすぐに生まれ、そのまま入職を希望しました。

1日のスケジュール

8:30

朝のミーティング

夜勤者から引き継いだ夜間の様子やその日の利用者の確認、行事の確認、往診などの有無の確認を 板橋全体で行う。

8:50

送迎

夜勤者の作成した送迎表に ならって送迎車2台を使って利用者を迎えに行く。その合間の時間に訪問も行う。 残りの職員は見守りをしながら、掃除、バイタルチェック、口腔ケア、シーツ交換などを行う。落ち着いたら 入浴介助を始める。送迎から帰った職員は見守りをしながら記録を行う。

11:45~12:00

昼食配膳

食事形態に注意しながら配膳を行う。配膳後、食事介助を行う。

12:30~13:30

休憩

休憩後、遅出職員に午前中の引き継ぎを行う。

14:30~15:00

おやつの提供

一人ひとり利用者のもとへ行き、飲み物をうかがう。 15:00頃から提供する。その後、お送りの準備をする。

川崎 龍馬

川崎 龍馬カワサキ リョウマ

板橋の町家ほっこり 介護職
2006年入職

連休をつかってふらり旅に出たりします

連休をつかってふらり旅に出たりします
音楽活動や寺社仏閣巡りが趣味です。休みの日はあまり家にいません。連休がとれた時は以前から行きたかった土地へフラリと旅行したりしています。先日は高知へカツオを食べに行ってきました。写真は大河ドラマ龍馬伝の撮影場所で撮ったものです。

この先輩を見た方は、
以下の先輩もよく見ています。