相手の気持ちを考える。。@なないろ

晴れたり雨が降ったり、天気の移り変わりが多いこの時期ですね

室内や戸外に関係なく、子どもたちもなないろの職員も汗ばみながらも

日々色々な遊びを楽しんでいます。

 

さて、6月11日になないろの保護者学習会を開催しました

 

ご参加いただいた保護者の皆さん、ありがとうございました!

萩原先生を講師にお招きし、大人・子ども、両方の立場から、

いろいろなシチュエーションでの「都合=気持ち」を考えました

なないろの受付・保護者のお部屋にまとめをおいてありますので、

ぜひご覧ください!

20190611-1 20190611-2

 

今回の学習会では「相手の気持ち」を考えることがメインでした。

実はこれ、保護者の皆さんだからできたことなのです

なないろに来ている年齢の子どもたちにとって、

「大人の気持ち」「お友達の気持ち」を考えるのはとても難しいことです。

 

「〇〇ちゃんもおもちゃとられたらいやでしょ!だからとっちゃだめ」

「叩かれたらいたいでしょ、だから叩いちゃだめ」

という声掛け、よく聞かれますが、この声掛けは、

「相手の立場に立つ」ことができている場合に有効ですね。

まだ相手の気持ちがわかる段階にいない子どもたちにとっては、

「わけのわからないことを言われている!」という感じかもしれません

 

なないろでは、場面の状況や、相手の気持ちをわかりやすく子どもたちに伝えること、

そして、その時の本人の気持ちを丁寧に読み取ることを大切にしています。

この「他者にわかってもらえた」という経験を丁寧に、着実に積み重ねることが、

相手の気持ちをわかるための大事な土台になります。

 

大人でも、「この人、私の気持ちわかってくれるなー」という人の気持ちは、

わかってあげたいな、って思うような気がしますよね

 

日々の生活の中で、1つ1つの行動の裏側にある気持ちを考えるのは

なかなか難しいかもしれません。

切り抜けるのが難しい場面、毎回対応するのに困る場面から、

子どもたちの気持ちを考えるきっかけになるといいなと思います。

 

保護者のみなさんが気付いた「子どもの気持ち」、

なないろの職員にも教えてくださいね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>